FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去(つづき)

==ウルトラマンの過去 ==



銀河の中をチェイスする青と赤の二つの光球…やがて青い光球は銀河のオリオン
腕に突入していく…その少し後から赤い光球が続く…やがて前方に太陽に照らさ
れた美しい水の惑星が見えてくる…そう…地球だ…薄青い大気の層に突入すると
眼下に広がる海……すぐに見えてくる日本列島…隕石さながらのスピードで落下
していく青い火の玉…大地がみるみる大きくなっていく…本州中部…竜ヶ森…ベ
ムラーは森の中の湖に着水し、湖底に身を潜めた……しばらくして赤い光球が竜
ヶ森の上空に飛来する…そしてベムラーが潜んでいる湖の辺に着地すると、人型
に輪郭を変えていく…


シュアッ……ハァハァ……

本来の姿に戻ったウルトラマン…陽光に照らされて、スキンタイツがテカテカと
美しく輝く…だがすぐに体制を崩し、片膝を付いてしまう…まだ回復してはいな
いのだ…さらにウルトラマンにとっては強すぎる重力と濃密な大気が、じわりじ
わりとウルトラマンの体力を奪い取っていく…それだけではない…ベムラーから
受けた快感の余韻が未だに冷めやらず、本来のサイズに戻っていない肉棒にわだ
かまっていた…


…ハァ…ハァ……ゥッ………


疲労・地球環境・快感の余韻…様々な負の要因に回復を阻止され、ウルトラマン
は立ち上がれずにいた…その様子を湖底から伺っていたベムラーは、弱っている
ウルトラマンを倒すべく行動を開始する!


ザザザッバ~…
ギキィィ~!!

金属が裂けるような咆哮と共に湖から飛び出し、ウルトラマンに襲いかかるベム
ラー…


ヘアッ!

不意を突かれたものの、間一髪でかわし身構えるウルトラマン…未だに萎えない
肉棒をかばっているため、極端に腰を退いた低い構えになってしまっている…


ギキキキィッ…
鋭い咆哮を上げ、ウルトラマンに掴みかかるベムラー…

ヘェッ!…フッ……ダッ!

がっぷりと組み合う両者…互いに相手を捩伏せようと全力でもみ合っている…双
方共に敵の実力を理解しているがために、迂闊には戦法を変えられないのだ…

ズッ…ツッ…ツゥッ…
キュッ…キュ…キュルッ…


ベムラーの手が動きウルトラマンの身体と擦れる度にテカテカのスキンタイツが
ゴムを擦った様な音を発てる…


つかみ合いながら、ベムラーの手がウルトラマンの滑らかなスキンタイツの表面
を少しずつ滑り降りていく…下半身に触られまいと腰を退くウルトラマンは、ど
うしても不利な体制になってしまう…不自然な体制で本来の力を発揮出来ないウ
ルトラマンを押し倒すベムラー…

ズダァーン!…
アワッ…


倒してしまえばこちらのものとでも言わんばかりに、仰向けに倒れたウルトラマ
ンに覆い被さるように乗しかかり、ツルツルしたスキンタイツを撫で回すベムラ
ー…


ツルッ…ルル~…シュルッ……
ァゥッ…ハワッ……ヘェッ……


再び快楽のどす黒い渦がウルトラマンに忍び寄る…何とかベムラーを引きはがそ
うともがくウルトラマン…だが、もがく度に未だ萎えない肉棒がベムラーの蛇腹
の腹部に擦り付けられ、甘美な電流がウルトラマンの身体を支配していく…


ズリュッ……グニュム……
アァゥッ……ハァゥッ……

肉棒から発生する甘美な電流に身体のコントロールを阻害され、少しずつ力が弱
っていくウルトラマン…


ピコーン…ピコーン…

地球上という不利な環境での戦いで、体力を著しく消耗したウルトラマンのカラ
ータイマーが点滅を始める…と同時に失われたエネルギーを急遽補うために、ウ
ルトラマンの肉棒がスペルマエネルギーを造りだそうと膨張を始め、それに伴い
感度を上げていった…

再び硬さを増して行く肉棒の様子を感じ取ったベムラーの手がウルトラマンの下
半身に伸びていく…

シュル…シュキ…キュキキ……

ヘアッ!…アワッ!…

必死に抵抗するウルトラマン…だが快感の波は、既にウルトラマンの身体を支配
しつつあった…最大の急所である肉棒と股間をはい回ろうとするベムラーの腕を
掴んで制止しようとするウルトラマン…だがその度にベムラーは体を前後に動か
して、蛇腹でウルトラマンの肉棒を擦って刺激する…


ッリュリュ…ズルルルッ…
ダハァッ!…ハゥアッ!…

ピコーンピコーピコー…

カラータイマーの点滅が速くなり、ウルトラマンの体力の限界が近付いている事
をしらせている…


[ドウダ キモチイイカ ウルトラマン]

ウルトラマンに問い掛けながら体を前後に揺すり、膨張しきったウルトラマンの
肉棒への刺激を続けるベムラー…

ズリュ…リュミチュ…グリュチッ…
ハァッ!アハァゥ!ハワリァッ!


ベムラーが体を揺する度に、ウルトラマンの肉棒の辺りから湿った音が発ち始め
、赤い極薄のスキンタイツに少しずつシミが広がっていく…


[ウルトラマン スキンタイツニ エネルギーノ シルガシミダシテキタゾ]

ハゥッ!
(そ…それ☆アッ …も…▽※…)
ダアッ


のしかかるベムラーの体を跳ね除けようと、突き上げるように支え上げていたウ
ルトラマンの両腕から力が抜けていき、だらし無く地面に伸ばされてしまう…そ
して股間を必死に閉じようとしていた両脚もウルトラマンの意志に反して閉ざす
事なく ピ~ン と伸ばされたまま硬直してしまった…


快感に呑まれ、思うように身体に力が入らなくなってしまったウルトラマンの様
子を見てとったベムラーが、体を揺するのを止め、テカテカと輝く美しい光沢を
浮かべている赤いスキンタイツをピッチリと張り付かせたウルトラマンの下半身
を悠々と撫で回し始める…


キュルッ…シュルル…シュルン……
アッゥッ…ハウッ…ハッハアッ!

ウルトラマンの括れたウエストを左右から挟む様に両手をあてがい、腰骨の横・
尻の縁・外腿とウルトラマンの身体のシルエットに沿って滑り下りていくベムラ
ーの両手…そして膝まで撫で下ろすと、おもむろにウルトラマンの両膝を掴み、
ゆっくりと広げていく…


ズズ…ズッ…ズ…ズズズ…
ゥッ…ハァ…ハァ……ァッ…ンッ…

ベムラーに逃げられた時にされた事…あの時と同じシチュエーションが、肉棒に
刺激を受けた快感をウルトラマンに思い出させてスキンタイツを濡らしていく…

ウルトラマンの股を大きく拡げさせたベムラーの両手が、ウルトラマンの太腿を
揉みながら両脚の付け根に向かって摺り上がっていく…


ぐにっ…にゅむ…しゅぎゅ…
アッ!…アゥゥ…ヘェェッ…


ベムラーの両手が股間に近付くにつれて悩ましくなっていくウルトラマンの喘ぎ
声…ついにベムラーの手がウルトラマンの股間にたどり着いた…ベムラーは一本
の指をピーンと伸ばし、ウルトラマンの股の間から地面に向かって手を差し入れ
ると、伸ばした指先を鈎状に軽く曲げてウルトラマンの尻肉の間に滑り込ませた


しゅきゅっ…
ハ!アゥワッ


ビクッと身体を硬直させ腰を浮かせる様にして尻肉をキュッと合わせるウルトラ
マン…その閉じ合わされた尻肉の真ん中に、テカテカした極薄の赤いスキンタイ
ツごとくわえ込まれているベムラーの指…ベムラーはウルトラマンの尻肉に挟ま
れたままの指をクニクニと動かして爪の先をウルトラマンのアナルに軽く押し入
れると、指先を小刻みに震わせてウルトラマンのアナルを刺激する…

クリュクリュクリュクリュクリュクリュ……
アハアゥァアア~

腰を突き上げる様にして悶えるウルトラマン…

じゅび…

一際濃い少量の粘液が肉棒の先端を包んでいるスキンタイツの表面にわだかまり
、ゆっくりと伝い落ちていく…

ベムラーはアナルをくすぐるのを止めると、爪の先をスキンタイツの表面に軽く
押し付けたまま、その指をウルトラマンの股間に沿って動かし、アナルから蟻の
門渡り・肉棒の裏筋へと軽く引っ掻く様にして、一気に擦り上げた…


キキュキュキキキュキュキュキュッ!
アォアアッダハァアッ

じゅびびゅ…

更に漏れ出すウルトラマンの快感汁…ウルトラマンは両眼をチカチカと明滅させ
てイヤラシイ感覚に喘いでいる…

ピコンピコンピコピコピコ…

さらに速まるカラータイマーの点滅…残された時間は少ない…ウルトラマンに限
界が近づいていた…

頃合いを見計らったベムラーは、ウルトラマンのエネルギーを完全に奪うために
最後の愛撫を始める…両手の指で輪を造り、その輪の中にスキンタイツを内側か
ら押し上げているウルトラマンの肉棒の先端を導き入れると、その輪を肉棒の付
け根までずらして反り返っている肉棒を引き起こす…そのまま顔を下げていくベ
ムラー…あんぐりと開いた口をそそり立つ塔に覆い被せ、ウルトラマンの肉棒の
先端やさしく含む…と、根本を押さえている指の輪を円を描くように動かして肉
の塔をクルクルと揺り動かす…

ぐりゅんぐりゅん…
ダッ!アッ アッ!ハワッ

眼をチカチカと明滅させ、頭を激しく左右に振り乱して悶えるウルトラマン!

ピコピコピコピコピコピコピコピピピピピピピ…

狂ったように点滅するカラータイマー!…ベムラーの巧みな愛撫が、ウルトラマ
ンを限界へと追い詰めていく…

ベムラーに揺り廻された肉棒の先端が、やさしく含まれているベムラーの口内で
牙や舌に絶妙な強さで擦りつけられていく止まらない快感は、ウルトラマンを悦
楽の頂点へと一気に押し上げる!


ぐりゅむりゅむりゅぬりゅ…
アアッハッアッヘアアアアアッ

じゅびゅるるるりるるる

溜まりに溜まった快感汁が勢いよくほとばしる

ベムラーは口をすぼめて一滴も逃すまいとしゃぶり続けた…

びゅるるっびゅるうっぴゆるぴゅる…ぴゅ……

ごきゅっごくごくっ…ちゅぅぅううっ…ごっくん…


ピコッ…ピコピ……ピッ………


カラータイマーと両目から光が消えるウルトラマン…陽光に照らされてテラテラ
と悩ましくテカる美しい肢体を無防備に晒しているウルトラマンを尻目にベムラ
ーは飛び発っていった…



END
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

過去

==ウルトラマンの過去==


ウルトラマンは宇宙空間を飛んでいた…重力を感じられないため、とても身体が軽く
感じる…だが何故か強い使命感と大きな緊張感が纏わり付いていた…いや、自分自
身に課しているという自覚がある…前方に自分と縦列して移動する物体…身動き
出来ない様子の怪獣… ベムラー だ…

ウルトラマンは死刑囚である凶悪怪獣ベムラーを処刑場のブラックホールへ護送
していたのだ…

その途中、ある小惑星にさしかかった時…ベムラーがウルトラマンに死刑囚の特
権 ‘最期の望み’ を申し出た、その望みとは…

ウルトラマンの身体を撫で回したい

であった…やむをえず近くの小惑星に降り、ベムラーに近づいていくウルトラマ
ン…かろうじて動かす事が出来る細い腕を伸ばしてウルトラマンの身体を撫でて
いく…

つる…る…る~
ンッ……ヘッ……ゥッ…

ガラスの様な光沢を持つ極薄のスキンタイツの滑らかな触感を味わいながら、ベ
ムラーの手がウルトラマンの体表を滑るように撫で回す…胸・腹・腰…と撫で下
ろしてから、引き締まった左右の脚を一本ずつ足首・ふくらはぎ・膝の裏・太も
も・と丁寧に撫で上げていく…

しゅる…しゅきゅ……
フゥッ……ァワッ……

感じやすい下半身をベムラーに撫でられる度に、ゾクッとするような快感の予感
が甘美な電流となって全身の神経を駆け巡り、脳髄を突き上げる…

ムクッ…ムクッ…と膨張していくウルトラマンの肉棒…徐々に感覚が鋭くなって
いく下半身…

ベムラーは両腕をいっぱいに伸ばしてウルトラマンの身体を抱き寄せると、テカ
テカしたウルトラマンのプリッとした尻肉を掴み・揉んだ…

くにゅつ…ききゅっ…
アウッ……フゥワッ……

尻肉を刺激される度にゴムが擦られた様な音と共に快感の痺れが全身に広がって
いく…

きゅっ……くんにゅ……
アッ!……アワッ!……

ベムラーは飽く事なくウルトラマンの尻肉を揉んでいる…確実に大きくなってい
く快感に気を取られ、ベムラーを拘束しているウルトラ念力が弱まっていく…ベ
ムラーの狙いはソコにあった…徐々に弱まっていく拘束…あと少しで完全に解放
する事が出来ると確信したベムラーは、赤いスキンタイツを食い込ませた尻の谷
間に両手の指を滑り込ませ、ウルトラマンの尻肉を左右に開く…そしてあらわな
った谷底を指先でなぞっていく…

シュキュキュキュキュ…………
ハゥワアッ!!

さらに敏感な尻の谷間への刺激に、ウルトラマンが大きくのけ反った瞬間!ベム
ラーの拘束が解けてしまう!

この状況の主導権を握ったベムラーは、より安全に逃走するためにウルトラマン
を淫猥に嬲っていく…

完全に自由を取り戻したベムラーは、悠々とウルトラマンの下半身に手を這わせ
ていく…尻の谷間・内股・蟻の門渡り・を指の爪の先で優しく掻く様に撫で擦る…
ベムラーの指が動く度に全身を硬直させてブルブルと震えるウルトラマン…

快楽と理性のせめぎあいに立たされているウルトラマンに、今の状況を把握する
余裕は無かった…


快楽との闘いに喘ぐウルトラマンの意識にベムラーの思考が流れ込む…


[ツルツル…ツルツルダナ ウルトラマン…コノ ツルツルシタ アカクテ ウスイ
マクハ ナンダ?]

(そ…それは…スキンタイツ…だ…)


[スキンタイツ ト イウノカ …オレハ コノ テザワリガキニイッタゾウルトラマ
ン]

キュルッ…ニュムッ…キキュッ……
ハゥッ!…ダハァッ!…


(もう…い…いぃだろう…おわりに…しろ……)

[イイヤ マダダ マダサワリタイ トコロガアル]

(…な…に…)


ベムラーの目前でムクムクと膨張を続けるウルトラマンの肉棒は美しいスキンタ
イツを内側から押し上げて、その存在を誇示していた…テカテカの極薄タイツに
浮かび上がった棒状の膨らみに、熱い視線を注ぐベムラー…


[マダココニ サワッテナイ…]

ベムラーの手がウルトラマンのモッコリに伸びる…


にゅみゅっ!
ヘアァッ

肉棒を握られ、のけ反るウルトラマン…


[コレダ…コレニ サワリタカッタノダ…]

(や…やめろ…そこはぁ…)

[ウン ココハ? ココハナンダ? ウルトラマン…]

(ぁ…そこ…は……私の……ウッ……)

クニュッ…にゅみゅっ…
ダッ!…ダハァアッ


(や…やめろ…ソコを…触るなっ…)

[ココハ オマエノ ジャクテン ダロ?]

ハァ…ハァ…
(わたし…に…弱点…など……な…い……)

[ジャクテン デハ ナイノナラ モット サワッテモ イイナ]


にゅみっ…ぐにゅ…くにゅむっ…
ヘアッアッアワリァ

スキンタイツごしにウルトラマンの肉棒を揉みまくるベムラー…


ヘアッ
(もう…やめ…アッ…やめて…くれ…)
アワッ

ベムラーは手の動きを止めウルトラマンに問いかける…

[オレハ スグニ ショケイサレルンダ ダカラ ホントウノ コトヲ イッテモ イイ
ダロウ ウルトラマン…サア…コノ ニクノ カタマリハ ナンダ? コタエロ ウルト
ラマン…]

ハァ…ハァハァ……
(そ…こは…私の身体で…最も敏感な…部分……私の…弱点…だ…)
ハァハァ……

[ヤハリソウカ…サッキヨリ オオキク カタク ナッタノハ ナゼダ…]

ハァッ…ハァ……
(刺激されて…ソコに…エネルギーが…溜まってしまったからだ……)
…ハァッ……


[ホゥ…エネルギー ネェ……ココヲ シゲキ サレツヅケタラ ドウナル?]

(わ…判らない…長い間…経験して…いない……)


[クックックッ……]


にゅむっ!
アワッ

ベムラーはイヤラシク笑うとウルトラマンの肉棒を再び揉み始める…


くにゅっくにゅっくにゅっ
アワッダアッヘアアッ

(やめ…や△★く■…)


ウルトラマンの思考の中で快楽が理性を凌駕し始める…


くにゅっにゅちっにゅくちゅ…
ハゥアッアフッデアァッ


クチュ…ジュワ…ヌチュ…

湿った音を発て始めた肉棒の先端が、美しいスキンタイツにシミを造っていく…
その先走りの量は増え続けて、みるみるシミを広げていった…

ジュム…チュルチュク…クチュ…

肉棒から漏れ続ける恥辱の汁が勢いを増し、ウルトラマンの下腹部に突き出され
た膨らみの頂点に ポツッ ポツン と水玉となってその姿を現し、テカテカのスキン
タイツの表面を伝い落ちていく…


[ウルトラマン コノ シルハ ナンダ?]

ヘアッ…
(そ…ソレ★…私の…エネ△ギー…)
ダアッアゥッ

[ソウカ…コノシルハ キサマノ クックッ…]


ベムラーは、快感に呑まれ硬直したまま立ち尽くしているウルトラマンを押し倒
した…


ハッ…アゥッ…オ゛……ハァッ…ハァッ……ウッ…


ベムラーは仰向けに横たわるウルトラマンの両足首を掴み、ウルトラマンの股を
大きく開かせた…


アッ…ウッ…ハァハァ…

長い間味わった事が無かった快感の渦に支配されてしまったウルトラマンの身体
は、ほんの少しの刺激にも過敏に反応してしまう…

ベムラーは、大きく広げられたウルトラマンの股間にしゃがみ込むと、再び美し
いスキンタイツにピッチリと包まれたウルトラマンの下半身を撫ではじめる…


シュム…シキュッ…キュ…キ…キュ…
ウッハッハウワッ

ジュム…ジュゥッ…ジヮァ…

肉棒が吐き出す汁が、徐々に濃くなっていく…もはや肩で大きく息をして喘ぐ事
しか出来ないウルトラマン…ベムラーの手が動く度に軽くのけ反る様にして腰を
突き上げ、両眼をチカチカと明滅させている…


[クックックッ モウ ゲンカイノ ヨウダナ ウルトラマン…]


ベムラーの両手がウルトラマンの内股を ッィ~ っと撫で上げる、それから一本
の指をスキンタイツを食い込ませた尻肉の間に滑り込ませて、タイツごしにウル
トラマンのアナルの位置を確かめる…そしてもう片方の手で、極薄のスキンタイ
ツを纏ってそそり立つウルトラマンの最大の弱点である肉棒の先端を摘み上げよ
うとするように指を這わせる…


アッアフゥッハウゥッ


戦闘した訳では無いのでカラータイマーは点滅しないが、快楽に侵略されてしま
った精神と、無理矢理快感を植え付けられた身体へのダメージは計り知れない…


[クックックッ…コレデトドメダ ウルトラマン…]


ベムラーは、探り当てたウルトラマンのアナルにスキンタイツごと爪の先を少し
だけ差し入れ小刻みにアナルの入口を掻き回し、同時にそそり立つウルトラマン
の肉棒の根本を取り囲む様に、三本の指先の爪の先を軽く食い込ませて、肉棒の
先端に向かって優しく掻き上げていった…


クリュリュッ…クリュリュリュリュ…
キュッキュキュキュキュキュキュキュ…
イョォオワッヘアァアアッ

びゅるっ…じゅびゅる…


ウルトラマンの肉棒が、粘りの強い汁を吐き出した…ブルブルと全身を痙攣させ
、両足は爪先までピーンと伸ばし…両眼はチカチカと激しく明滅している…
あまりの快感にスパークが弾ける思考の中で、かつて一度だけ味あわされた快感
の遠い記憶がウルトラマンの脳裏にフラッシュバックする…数千年前…地球……
……直後、ウルトラマンの思考はブラックアウトする…

その思考を読み取っていたベムラー…

[チキュウ カ オモシロソウダ]



ピクッ ピクッ と痙攣しているウルトラマン…やがて両眼から光が失われると一
気に全身の硬直が解け、ウルトラマンは大の字に横たわる無防備な姿をベムラー
に晒してしまう…最大の弱点である下半身の性感帯を玩ばれて与えられた快感…
数千年の間忘れてしまっていた強大な快感に、ウルトラマンは悶絶してしまった
のだ…



[クックッ…ウルトラマンヨ キサマノ エネルギー ヲ モラッテイクゾ]


ベムラーは顔をウルトラマンの下腹部に近づけ、たった今ウルトラマンの肉棒が
吐き出したエネルギーの粘液を舐め採った…それからスキンタイツを恥辱の汁が
伝った跡を丁寧に舐め採り、それから今だに萎える事なくそそり立つウルトラマ
ンの肉棒の先端をスキンタイツごと口に含み、タイツに造られた恥ずかしいシミ
と、僅かに肉棒の先端から染み出してくる余韻の汁を綺麗にしゃぶり採っていく



…チュム…チュゥッ…チュッ……
…… ィ゛… ュ゛… ヘ ェ゛…


ベムラーがウルトラマンの肉棒をしゃぶる度に、僅かに反応してしまうウルトラ
マンの身体…



程なく、ウルトラマンのスキンタイツのシミを綺麗にしゃぶり採ったベムラー…


[アバヨ ウルトラマン…]


ウルトラマンの生体エネルギーを補充したベムラーは、躯を丸め全身に不気味な
炎を纏うと青い光球となって宇宙へと飛び発っていった…その目的地は地球!…
ウルトラマンが悶絶する直前に思い出していた苦い記憶がある星…その星はウル
トラマンにとっては戦い易い場所ではないということを、ベムラーは確信してい
た…





チカ……チカッ……チカチカッ……

ウルトラマンの両眼が弱々しく明滅を始める…

徐々に意識を取り戻していくウルトラマン…

久しぶりの快感に悶絶してしまったウルトラマンは完全にイってしまったわけで
はなかった…

そしてベムラーに肉棒をしゃぶられた刺激が、ウルトラマンの意識を取り戻させ
たのだった…


視界の中に遠ざかっていく青い光球…ベムラーに逃げられた事を悟ったウルトラ
マンは、再びベムラーを捕獲するために立ち上がる! その時!


アゥワッ

下半身から全身に広がる甘い痺れ…そう…ウルトラマンの肉棒は未だに膨張した
ままだった…



ベムラーの飛行速度はそれほど速くない…平常時なら普段の飛行スタイルで直ぐ
に追いつける速度だ…だが…最大の弱点が膨張したままで通常の飛行を行えば、
ベムラーに追いつく前に再び快感の波に呑み込まれてしまうだろう…


ウルトラマンはやむをえず一番負担がかからない飛行形態をとった…ベムラー同
様身体に炎を纏い、赤い光球となって飛び発った…ベムラーを追跡し、再度捕獲
するために・・・・・


つづく

テーマ : 妄想SS
ジャンル : アダルト

プロフィール

カナンガ

Author:カナンガ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。